沖縄弾丸ツアー

24時間滞在しないので、弾丸ツアーとなりました。
IMG_6411.jpg

日頃SNSでコミュニケーションを取らせて頂いている、沖縄の愛好家の皆様とお会いできるのが楽しみだっただけに、早い段階で肉会にお招き頂いてハッピーでした!

琉ペコさん宅で様々な事を教わりました。クマノミからシクリッドまで何でも繁殖させられおられる琉ペコさんのスタイルは本当に参考になります。
IMG_6418.jpg

その後、一番のお楽しみである「ミート・ミーティング」へ。

南の島の大魔王様も降臨!!錦一家の親分と石垣島以外でお会いするのも違和感が有る様な無い様な感じですが、再会できてうれしかったです!
IMG_6437.jpg
IMG_6436.jpg

GSKさんがお誕生日だったので、メンバーの方によるサプライズバースデーケーキや、スドーの筒のプレゼントまでと、心温まる会で、同席させて頂き本当に良かったです。
IMG_6443.jpg
IMG_6453_20170622000559cc4.jpg

一次会終了後は、GSKさん宅に凸
IMG_6462.jpg

水槽を背景に皆でお酒を飲みながら魚の話をするのは本当に楽しいですネ!
IMG_6498.jpg

オリノコ系のバケモノを普通にブリードされているのが凄いんですよ~~~
IMG_6476.jpg

皆様とはSNS上でコミュニケーションとって頂いているので、お会いした瞬間より普通に昔からの知り合いみたくお話しできたのが最高に嬉しかったです。

イニシャルで書こうと思ったら分かりにくいので、愛好会の皆様という事で、今回は本当にありがとうございました、そしてご馳走様でした!!

皆様、色んな鑑賞魚を達人レベルで飼育されておられるので、お話は本当に参考になりましたし、勉強になりました。

もう、最高の夜でした~~~

次回はやんばるチームのホームでアツイ夜を過ごしましょう~~~!!!

近い内にお伺いさせてくださ~い。

あー毎度の事ながら寂しい・・・
IMG_6518.jpg

大東寿司は美味しいですよ~オシケン氏から教えて頂きましたが、毎回食べちゃいます。
IMG_6519.jpg

んでもって、首都高のアンパンマン見た瞬間より現実に・・・・
IMG_6527.jpg

ボチボチ進む予定が・・・

L174始まりました。
IMG_6106.jpg

他のプレコも一斉に始まり、スペースに余裕が有るとは言え、程々にしなければ・・・・

イメージして実行した事に対して結果が出る事は素直に嬉しい事ですが、食卵と言うオチです。
IMG_6103.jpg

希望が湧いてきました。

苦しかった出来事ですが、成魚を落として脱力中でしたが産卵行動を確認出来ました。

暫くは我慢なのかな~と思っておりましたが、道は開けた感じですね。

マジで嬉しい~

褒めてくれた方が居たので頑張れます(泣)

ロニーさんより頻繁にコンタクト有りますが、アドバイスを頂き助かっております。

僕の思い込みの激しい考えだけではダメダメですね・・・

素直にアドバイスを聞くべしです。

ヨイ事が沢山有ります。

そう言えば・・・・

広告が入ったりするのが嫌なのと、アダルトで有名だったのに気が付き、FC2での動画機能は使用しない事に致しました。

あっ!

当然ですが、ミテナイヨ、ミテナイヨ、ミテナイヨ、無修正は・・・・エックスだけデスヨ(汗)

取り敢えず何でもやってみなきゃ気が済まない性格なので、ファンである方の真似をしてユーチューブにチャンネルを作りました。L333♂×finさんの初期ver♀でペアリング中です。ファインプレイスの特大の雄が乱入してきても、軽く蹴散らす強い素敵な雄ですわ~

オマケver1(最初期ロット)♂×WillLine(second)♀の仔

オマケver1(最初期ロット)の最大の魅力である「メリハリ」が見事に遺伝しております。

ドイツの血が入っているので、もう少しグレー掛かった青白さが出るのかな~~と思っておりましたが、予想は「ハズレ」です。

何匹かを残し、次の世代がどうなるのかを妄想しながら、改めて楽しみたいと思っております。

結果が見られたので、この系統のペアは解散です。

2016/11月末孵化分
IMG_5493_20170603001231f1d.jpg
IMG_5487_20170603001232d16.jpg

2017/4月末孵化分
IMG_5513_2017060300123039b.jpg

ブリードキンペコの面白さは、自分なりに系統のポテンシャルを信じて購入し、自分なりに厳選したペアから産まれてくるであろう稚魚達の表現の妄想から、現実とのギャップを存分に楽しめる所に有るのではないのかと思います。

何度も書いてますが、ブリードキンペコの世界は、まだまだ入り口に立ったばかりです。

色んな角度から楽しめる事は間違いないですよ~育成(変化を見届ける)楽しさは格別ですね。

ドイツ系統の様な分かりやすいハイブリから、グリグリの唐草模様、白黒反転、var的な個体群まで色んなの居ますので、ホント迷っちゃいますね・・・・

俺一純血は、孵化後の後食を確り確認出来たので、もう安心です。この系統も、嘘でしょ!?と言う様な変化を楽しむ事が出来ます。因みに驚くのは毎回手放した後からですが・・・・IMG_5459_2017060300122923c.jpg

激安でGetした、カラシン“コペラ”は、落ち着いたらメッサ美しくなりました。
IMG_5540.jpg
鱗クッキリに萌えおります。

Hypancistrus inspector (スノーベールペコルティア・L102)

モヤシさんとアサヒさんのお陰で、憧れのプレコをGetしました。

【学名】Hypancistrus inspector

【ロカリティ】ネグロ川

【流通名・Lナンバー】スノーベールペコルティア(L102)

「学名」が付いているヒパンキです。

インスペクター(検査官)とか凄い名前が付いてますね。

海外の共通の呼称は「Snowball(スノウボール)」で、なぜ日本では「Snowveil(スノウベール)」なのか??分からんですバイ。。

あっ!ぷっ!!もしかして・・・・ま~いいです。

コロンビア経由とベレン経由の両方を入手しました。

両者ともに、手に取りよく観察してみましたが、全個体、各ヒレの縁に独特の黒い帯状のバンドが見られます。

スポットの大小、形状は個体差でしょうし、同種で有る事には間違いないでしょう。販売店さんは同種ですよと言っておられました。今のところ、各便其々分けてブラックウォーターでキープしてますが、バリバリ餌を食べて元気です。

海外のマニアさんから特大個体の画像を頂きましたが、23cm!デカイ!!

Hypancistrusの確認されている中では最大種だそうです。

最大のマディラと、どっちが大きいんだろう・・・妄想が尽きない。

コメントとメッセにより、飼育環境の動画付きで、懇切丁寧な解説を頂き、スコ~ンと頭に入りました。

本当に有りがたい事です。

今回、赤く錆びた様な体色の個体が一匹いますが、この様な個体は数が少なく、大型の雄個体に見れる事が多いそうですが、雌でも見られるそうです。

ここら辺もブリードしてゆけば分かってくる事なんで、楽しみですね~~

Columbia便
IMG_5463.jpg
IMG_5465.jpg

Belém便
IMG_5472.jpg
IMG_5477.jpg

単独水系の水槽を導入して良かったです。

益々楽しくなって、なかなか家に帰らないので、自宅はアノ様になっちゃってます(汗)

Peckoltia sp. “L477” (2017)

久しぶりに猛烈な購入意欲が湧き、Wild小型プレコをゲット出来ました!

アップと同時に即メールを送る程の一目惚れでした。

Hypancistrusでは無くPeckoltiaで 、お馴染みの白黒ではなく色物です。

ロカリティはヤムンダ、流通名はマルガロイヤルタイガー。

同じ産地で10年前ぐらい前に似たようなブラックサンダーペコルティアって個体が入荷してましたね。

Lナンバーは、2015年8月に取得。

この個体群に関しては、模様もヨイのですがカラーがとても気に入りました。

イエローなんですが、只のイエローでは無くオレンジ入りなので、オレンジッシュイエロー系です。

水系に慣れてきたら益々渋くなる事が予想されます。

メッチャ楽しみなんですがぁ~!!

A個体
IMG_5249.jpg
IMG_5248.jpg

B個体
IMG_5246_20170524220028fb4.jpg
IMG_5234.jpg
IMG_5239.jpg

二匹ともメスですね~~ブリードを意識しているので残念!

気長に美男子を探します・・・・・・

今回の2匹のインパクトは凄かったですね~流石はfinさんです!

今後もドンドン面白系の変化球をブン投げて下さい!!

水槽設備の大幅な変更の為に、調整水を500ℓ溜める設備を追加しましたが・・・・・
IMG_7844.jpg

「入院」した彼の計算間違いにより、一番上の100ℓタンクの蓋が開かないぃ~~!!

穴を開けるか・・・
プロフィール

katsu

Author:katsu

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ