L475 ダークエビル(ヤムンダ2012) 孵化記録

人工孵化の成績が悪いので次回からは孵化直後に取り出しを。

この密集を見ると安心です。ダメな腹はバラバラに散っておりポツポツ落ちます。
35645081_2111020322491319_8594471116846661632_n.jpg

ダークエビルはコレで暫くは繁殖ストップです。

さきの大阪北部地震の件ですが被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

インターネットは流通の産業破壊を起こしましたがタイムリーな情報を吸い上げられるヨイ時代となりました。

SNSでは関西方面のプレコマニア様方により地震発生直後から被災の状況が具に知らせが有り、我々には距離が有りどうする事も出来ませんが同じエリア内の方々の様々な情報の共有がなされておりました。

家に居ない方が殆どで祈るしかないと仰っておられたのが苦しい・・・

震源地に入る方もおられ心が痛みます。

世界的な変動期に入り日本全国でも地震や噴火などアクアリストの抱えているリスクは非常に大きくなりました。

備えや事故対策など大変勉強になりました。

備えや対策の中には二次被害である漏電や火災なども含めてとなります。

L475 ダークエビル(ヤムンダ2012)育成記録と繁殖記録

前回の稚魚50匹以上は京都のイベント遠征中に、ほんの少しの異変でバタバタ落ちてしまい脱力。

凹みます・・・


今回は別雌(2014)で産まれた卵を取り出し徹底的にケアしながら孵化~育成をします。

それにしても卵塊がデカイ!


小型プレコの繁殖は意外と簡単ですが、歩留まりや奇形などをクリアする為には多少の手間が必要です。

L475 ダークエビル(2012) 割り出し記録と肉会記録と飲み会記録

やはり凄い数・・・テリさんが数えたら50越えは間違いないと。
34367788_2100645616862123_4695515005427122176_n.jpg
もう一匹パンパンのメスがいるので繁殖させてから暫くお休みです。

成熟したベテランのオスの凄みを改めて感じております。

肉会記録

TeriさんとRyuさんと久しぶりの肉会。

お肉が大好きなお二人です。

全員400gのステーキ完食!
34276623_2100645750195443_5488069632705167360_n.jpg

その後は飼育部屋で皆さんとダラダラ。
34411616_2100645740195444_3720214463211634688_n.jpg

Teri教授はヒョウモントカゲモドキと戯れる。
34369136_2100645840195434_6637924633741885440_n.jpg

Ryuさんは5000円以上のステーキを食べといて某店の14800円のプレコ購入を本気で悩む・・・
34321423_2100649763528375_86442852556472320_n.jpg
今日一でウケタ・・・

人に執着するのではなく、魚ありきの集まりが一番楽しい。

キンペコ界に失望している時はキンペコ大好きな気心知れている友人と会うのが一番の元気のモトです。

クレイジーなお二人は濾過槽で熱い話を展開してました。

本日はありがとうございました!

6月1日(月初の金曜日に愛すべき“アツイ漢”大作とシコタマ飲む)


プレコだけでなく色んな底モノを飼育する日替わりさん。

見識を備えた人物である日替わりさんには全てお見通し。

時間が空いたら何時でもプラっと遊べる距離もイイネ!

無様な姿を見せてしまい記憶喪失になりたい・・・

金曜日はありがとうございました!

L475 ダークエビル(2012) 孵化記録

本日孵化


覆い被さる様に稚魚をガッチリガードしているのでホント良いオスです。
33869290_2097753300484688_3561041424738680832_n.jpg

フルアダルトならではの数。
33693350_2097753243818027_4638162395863187456_n.jpg

原種系の繁殖では稚魚が格段に丈夫なものが多く安心して見てられます。

グーグルアースを使い採集地周辺を見たり現地の様子の画像が出ているサイトを見たりと色んな楽しみも有ります。

嘘だけはマジで萎える。

不必要な有り得ん産地を付け足したりと、もうグチャグチャですがね・・・・

さあ、あと二日です。

ご存知の方もいるとは思いますが、どちらの選択をするか迷ってます。

L475繁殖記録とFP400系×アルビノ333繁殖行動記録

昨日の繁殖行動記録からの1日で産卵。

今回はマヂで卵塊がデカイ。


過去にも同じ様な事が有りましたが、完全成熟した個体から産まれてくる卵の量には驚かされます。

ブリードプレコの世界では「早熟」の個体が多く、特にメスが小さめのサイズでも繁殖に参加する個体が多いですよね。

メスが小さめの時に産んだ場合は成長(伸長)が極端に遅くなるか止まってしまうので、自分は極力産卵をさせないようにしております。

よくよく思い出してみると生後5年ぐらいの個体達が良い感じで繁殖を地味に続けてますので・・・

FP400系×アルビノ333繁殖行動


過去の画像を見て思い出したかのように“L400系×L236”をセットしておりましたがアルビノが入ってしまいました。

まあコレはコレで面白いと思うので経過が楽しみです。

ノーマル×アルビノ=ヘテロアルビノ(アルビノ因子を持っている)

なのでアルビノ見たけりゃ、産まれてきた子のオスを母個体に戻し交配するか、産まれてきた子同士で交配させなければなりません。

母個体のアルビノとの交配がより確実ですね。

プレコのライフサイクルを考えると3~5年プロジェクトとなります(汗)

ただしFP400系もそれなりに表現が面白いのでノーマル個体でもある程度楽しめる事には間違い有りません。

稚魚の管理が一段と大変になってきます。

節操の無いクロスも管理さえ確りしていればダイジョ~ブ!!
プロフィール

katsu

Author:katsu
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

引っ越しました。
↓  ↓  ↓
creative aquariumsの裏側

知らざあ
言って聞かせや
しょう

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ