Hypancistrus sp.madeira Bペア産卵記録

まるで産卵に向けてタイミングの擦り合わせをするかの様に何度もペアで筒を出入りをしておりましたが何とか産んでくれました。

産卵前日(少し長めだったので産む気がしました)


無事に産卵


他のHypancistrus種に比べるとかなり神経質なので産卵後も注意を怠らずに。

チェックしましたが産卵後2日目も大丈夫。

超マイナー系の原種も面白い。

Hypancistrus sp. “madeira” Aペア 稚魚 成長記録

まだ怪しい個体も居ますがココまで来れば一安心です。しかも丸顔も出てるし・・・
IMG_3150_20171113051757d3b.jpg
丸顔は後天的な奇形ですね。ただしこの位であれば水量の有る清潔な環境で有れば成長と共にある程度まで正常な形状に戻す事が出来る事も経験して分かっております。

ドンキーフェイスが遺伝するとか有る訳ないじゃん・・・・・・

矢印の個体はガッツリ喰ってますが腹水の症状がまだ出てますし体表の発色がイマイチ悪いです。しかし餌を食べているので回復の見込みは有ります。
IMG_3152_20171113051756a58.jpg

体表はこの様な黄色味が強く地味だけど美しいプレコですよ~白と黒の表現では無いのもヨイ。
IMG_3138_201711130517593c3.jpg

今回の稚魚達は10匹生存という中途半端な結果となってしまいましたが、ココで経験値を上げて次の繁殖に繋げたいと思います。

地味なプレコも面白いですよ~~~~

モーゼステトラの稚魚オール孵化

次回は完璧なセットで稚魚を得たいと思います。

Hypancistrus sp. “madeira” Aペア 稚魚 成長記録

少しのミスで稚魚のヨークサック吸収が遅く吸収しても腹が黄色いままの個体と腹水病個体を出しております。

下手したら全滅するんじゃないのかと思いましたが餌を食べ始めている個体も居ますので、ギリギリのラインですかね・・・

健康体も居ますが心配な個体もいて気を抜けないですね。
IMG_2712_2017110500513855b.jpg

孵化後約半月経ちましたがこの様な状態です。
IMG_2717.jpg

健康な個体は特有のマディラらしい模様がハッキリと出ます。
IMG_2697.jpg

稚魚の腹水病は自分の飼育技術では治す事は出来ません。
IMG_2731.jpg

下から見ると餌を食べているかどうかは判断できます。食べている個体でも腹の部分が黄色いのですが食べてさえいれば回復はしてきます。丸枠内の個体は厳しいですね・・・
IMG_2802.jpg

久しぶりに孵化直後の稚魚を取り出しをしましたが、この結果には自分の未熟さを痛感しました。

この様な状態になると後天的な奇形が出てきており、ドンキーフェイス気味なのも居ます。鰭が曲がったり縮れている個体やドンキな個体が出る原因は間違いなくココにあります。

本来の稚魚の数を残し奇形を出さない結果により、はじめて「順調」だと言えると思っておりますので気を抜かずに飼育をしなければなりません。

どんなジャンルでもブリードの楽しさや難しさなど色んな事を感じますが、失敗を乗り越える事もブリードの醍醐味ですよ~

Hypancistrus sp. “madeira” Aペア 繁殖記録

初ゲットから8年以上経ち当時の個体は諸事情により私のもとには居ませんが、ようやく本種の纏まった数の稚魚を拝めました。

単発では産卵有りましたがどうしても稚魚が見れずにクラクラしておりましたが環境を変えてやっと・・・

今年の7月にミシマさんから「インペマニア氏ブリード」2ペアゲット

7月10日マディラ入手

2ペアとも何度も筒に入り繁殖行動を繰り返すが上手くいかない日々が続きました。

そろそろ筒を替えようかと思いましたがAペアのペアリング中偶然に筒が奥の方にズレて約半日で産みました。

だったら同じようにセッティングしていたBペアもと思い筒の位置を変えてみたらビンゴ!即始まりました。
IMG_2193_20171022193621213.jpg

繁殖が上手くいかない状況は、メスが筒に入らないとかオスがメスを筒に入れないなど様々な事が有りますが、何らかの理由が必ず有ると思われるので、水槽内の水流や障害物や筒の方向などをよく観察してから配置を決めた方がヨイかもしれません。

元々のセッティングが自分にとって見やすい位置に有ったのですが、神経質だと言われているマディラには良くなかったという事になります。

今回は偶然筒がズレての産卵なんで凹みますね~

10月14日ブルンブルン開始


10月15日無事産卵


8日間で無事に孵化しました。

孵化直後に雌が筒に突っ込んで行ったので雄任せにしたかったのですが稚魚取り出しを。
IMG_2209.jpg

稚魚を護る為に確りと踏ん張るヨイ雄です。
IMG_2208.jpg

初回にしては満足できる稚魚の数ですがココからが大変だと聞いておりますので気合が入ります。
IMG_2195.jpg

久しぶりに取り出したのでジェックスのメダカ用のフローターを使用。ヨークサック吸収まではコレが一番良いです。
IMG_2196.jpg

「450×29.5×360」約45ℓの使用しているシステムは収容数を抑えメンテナンスさえ確りしていたら繁殖狙い撃ちには最適ですよ。

一本勝負の夢が叶えられますが収容数を抑えきれなければ地獄カモ。

小型プレコのブリードは種類によって癖が有るのも居ますが攻略できた時の達成感は半端ナイです。

目標が繁殖でしたが無事に育成出来たら繁殖個体の個性を楽しむ事が出来るので今後の楽しみも増えます。

小型プレコの飼育は楽しいですよ~

Hypancistrus sp. “madeira”(クイーンオブメガクラウン)

2ペアの追加を。

Aペア♂
IMG_7243.jpg

Aペア
IMG_7271.jpg

Bペア
IMG_7240_20170710222045450.jpg

今回、入手したmadira(クイーンオブメガクラウン)は、2009年の入荷当時の中のペアより採れた国産のワイルドF1となります。

2009年当時の入荷個体(自分のキープしていた個体)
DSC_0242_20170710223846fb8.jpg

同じく当時の自分の個体。
DSC_0929_201707102238453b1.jpg

2009年以降、国内外で一度も入荷が無いまま約8年が過ぎ去ってしまいました・・・・。

この種の最大の魅力は、模様よりもボディーカラーです。

水系に落ち着き始めると、まずは黒の面積が拡大してゆき、やがてブロンズ色に変化した体表にキラキラとラメが入っているのが、見えてきます。

この姿こそ、完全に本来の姿でしょうから、萌えます~~

phが高めだと、イエロー色に近づき、模様も多少はクッキリしてきます。

まだ導入して間もないので、個体が緊張して良く模様が出ております。


あっ!!

画像に「copyright」のマークを付ける様にしました。

ハッキリ言って、非常に面倒です。

知っている方も多いと思いますが、飼育個体の画像を、無断使用して詐欺をしている方が居たので・・・・

まともな事なら、こんなアマチュアの撮影した画像を使って頂いても、全然構いませんが、100%詐欺的な使用だと、正直イライラを通り越してアレな感じになりますネ。

finさんブリードのスーパーインペの画像だったんですが、撮影の腕が悪いので、オマケさんに「こんな個体」とか言われちゃうし・・・・・・・

一粒で何度も残念じゃ~ないですかぁ~~

飼育して楽しんでいるのに、何でストレスを受けなきゃならないのか。

モラル無さ過ぎ。
プロフィール

katsu

Author:katsu
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

引っ越しました。
↓  ↓  ↓
creative aquariumsの裏側

カキ~ン

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ