ドイツWillLine2rd成熟

キンペコ愛好家にとって衝撃を受けたと思われるWillLineですが、成熟を迎えて改めて思う事が混じりっけですネ。

個人的な見立てではハイブリッドは確定です。

ハイブリッドを忌み嫌うドイツの方がコレです。

ココ最近ドイツではWillLineは模様の表現としてL236と言われています。

何でもかんでもL236・・・。

日本の最近の市場は何でもかんでもメガクラウン・・・。

何か似てますね~(売れれば何でもOKぇ~♪)

OKなわけ無いけど・・・

しかし、この様な表現の結果を見ると改めて日本産のスタンダードなメガクラが一番ホッとしますね・・・。

A個体(♀確定のブリブリ抱卵中)
IMG_0456.jpg
IMG_0455.jpg
IMG_0454.jpg

B個体(多分♂)
IMG_0466.jpg
IMG_0462.jpg
IMG_0460.jpg

C個体(成長の遅いオチビ)
IMG_0472.jpg
IMG_0468.jpg

このWillLineの特徴はスーパーインペ系のニオイがプンプンします。

また、幼魚期は細ラインで衝撃の白面積ですが、大きくなるにつれて黒の面積が拡大します。ソノ点は日本のキンペコと同じくです。

ただ、1つ言えるのは「白の面積が多い」だけではなく「真正白黒反転個体」と海外で言われる「ネガティブ」の個体群になります。

ネガティブを作出するのはこの系統のみでペアリングするのが、高確率でしょうネ・・・。

メスが直ぐにでもイケそうなので「とりあえず」で日本の系統にかけていきたいと思います。
プロフィール

katsu

Author:katsu

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ