Hypancistrus sp.madeira Bペア産卵記録

まるで産卵に向けてタイミングの擦り合わせをするかの様に何度もペアで筒を出入りをしておりましたが何とか産んでくれました。

産卵前日(少し長めだったので産む気がしました)


無事に産卵


他のHypancistrus種に比べるとかなり神経質なので産卵後も注意を怠らずに。

チェックしましたが産卵後2日目も大丈夫。

超マイナー系の原種も面白い。

L174(ニューインペリアリダップルド)の繁殖記録

筒を抜き二ヵ月程休ませていたので雌雄共にコンディションがヨイです。

スペースの都合で稚魚と親を混泳させており移動できないので、我が家の定番になったセッティングがハマっております。
27655279_2035951186664900_8130816548754277952_n.jpg
タイル石の下に有るサナの部分が稚魚の住処になります。

セット後、早々に産卵行動開始。


翌日にはメスが反対向きなり産卵直前(産卵シーン撮影まで待てませんでしたが・・・)。

より激しくブルンブルンと・・・

その後無事に産卵。


五日後には無事に孵化。

ガッチリと稚魚を護る素晴らしい雄です。

ヨークサック吸収まであと僅か。

稚魚もかなり色付いてきてます。

今回は休ませたので15匹以上は採れそうですかね・・・

飼育魚の健康を第一に考えると産むからといって連続の産卵をさせて後でパッタリと産卵が止まるよりは、休み休みの方が雌雄の負担や消耗を減らし長生きすると思います。

連荘産卵の件ではL280で興味深い結果が出ているので後日にでも。

結果を見るとインペリアルゼブラも同じくだと思いました。

やっぱりプレコの飼育は面白いな~~

育成水槽

インペダップル&L174異常ナシ!!


インペダップルはキンペコと違い虚弱なので気を抜いたら数が残りませんね~

小さい頃はスーパーインペ風に見えますが目の大きさや体形で違いが分かります。

ニューインペリアルダップルドの稚魚はある程度の条件をクリア出来たならば成魚の居る水槽へポチャンです。

グイグイ大きくなっております。

ここら辺の中流域のプレコを地味に楽しむのも最高に面白いですよ。

L399/L400 Wild F1

色んな表現が居てオモロっ!!
IMG_4936_201801052208405bb.jpg

稚魚の表現を見てピンとくる方も多いでしょうね。
IMG_4945_20180105220839a76.jpg

最初期のWildL236はL399/L400じゃないのかと言われておりますが、十分に納得できる「幼魚斑」です。


色んなタイプ(キンゼブ・キンダプ)が混じっております。


このエリアで採集されているワイルド種を地道に飼育繁殖をしてみるのも、改良品種への道が開てくるのではと思っております。

L173 スーパーインペリアルゼブラ 孵化~

孵化までは辿り着きましたが、残念ながら稚魚は全て落ちてしまいました。
IMG_4682.jpg

少しずつ蹴り出されてましたので回収してゆきましたが、稚魚の活力が全くない。


原因については心当たりが有り改善したので次回に期待です。

再度L173スーパーインペリアルゼブラについてのおさらいです。

L173の4つの定義

① 金色の目(黒いのも居ます)
② インペリアルゼブラの模様を崩した様なライン
③ インペリアルゼブラより大きくなる
④ 尾鰭に切れ込みが入り中流域のヒパンと同じような形状(長い)

補足

頭部が平たく細長い体型でキンペコ模様の173だとしても尾鰭と体形で一目瞭然です。

L399/L400の生息域が被り、このグループの特徴が出ている個体が地域内のハイブリッドだと言われております。

長い期間の交雑の繰り返しで様々なタイプが出てくる事は容易に想像出来ますが、一世代で出た~メガクラ模様ぉ~とかは無いと思います。

また、ワイルドスーパーインペリアルゼブラ(L173)同士から産まれるキンペコ模様(L399/L400)の表現が、多方面で悪用されているL173Bになります。

L173Bとするならば、少なくとも尾鰭の形状は中流域に生息する種と同じ様でなければならないと思います。

現在流通しているキンペコ模様のL173と言われている個体群の尾鰭はブレずに安定した333系の特徴が出てますので「パチモノ」確定です。

当然ですがL173Bも同じくです。

デップリ短めボディでL333の特徴の出たメガクラ模様のスーパーインペリアルゼブラ(L173)は、海外のどのサイトを見ても居ませんし、国内の各系統みても見当たりません。

ガセのオンパレードで、売れる所に群がる、食い潰す。

ツケを払うのは消費者なのです。

プレコに罪は無いのにガセの付加価値つけてバレたらぞんざいな扱いをされ、残念な事になります。

小型プレコのブリードは、まだ入り口に立ったばかりです。

これから先は、購入者の知識の向上も必要になってゆきます。

こんな事をいちいち言うのもクソ面倒なんですが・・・・

デタラメ過ぎる。

情報統制ではなく本当の事です。
プロフィール

katsu

Author:katsu
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

引っ越しました。
↓  ↓  ↓
creative aquariumsの裏側

カキ~ン

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ