インペダップルIMA 記録

L174とその稚魚約60匹と混泳中で水槽内のキャパが超えたので各水系に分散させる作業を開始しました。

手始めにF2にあたる成長した仔達から移動を。

インペとダップルドは自然界でも稀な交雑だと言う事が近年になり分かってきました。

でも表現はL173風。
32191907_2083470261912992_4988061634732752896_n.jpg

この様なハイブリ同士の仔でも親の表現によく似ております。


過去この組み合わせのクロスがL173スーパーインペとして流通しておりましたが、現在のL173スーパーインペの定義からは外れておりますので繁殖の際はお気をつけ下さいと言うかもう手遅れですかね。

インペダップルIMA 繁殖行動と産卵記録

久しぶりにブルンブルンからの産卵まで。

ブルンブルン本気モード中の動画


産卵(卵は黄色い)


「言ったもん勝ち」ではなく「楽しんだもの勝ち」なんですよね~

真実は一つ!!

ところでインペとダップルのクロスがスーパーインペだとは言えません。

目の大きさや体形などパーツ単位で見れば一目瞭然です。

悪用の第一歩になり兼ねないクロスなんで特徴を覚えていた方がヨイですね~

インペダップルIMAブリード F2 (透明鱗or白化個体) 成長記録

およそ4年前にワイルドインペとワイルド旧ダップル(F0)から産まれた仔(F1)をIMA氏より購入し、その仔らから稚魚が採れて順調に育ってきております。

その中の1匹が変個体に育ってきましたので記録を。

現在サイズアバウト5.5cmで多分オスだと思われます。

ヨークサック吸収時より体表及び内臓がスケルトンで薄っすらと模様が出たり消えたりでしたが4cmを越える頃より白光りが激しくなってきました。

ライトの光が大袈裟に見えますが、白いのでモロに反射しますね。実際はもう少し落ち着いた白です。

模様に見えますが矢印の部分は透けております。
IMG_1737.jpg

各鰭の模様が出ておりません。
IMG_1719.jpg

同腹の兄弟と比べると体表が明らかに違います。
IMG_1689.jpg

角度によっては骨も透けて見えております。
IMG_1709.jpg

一見弱々しいのですが気が強い健康体です。
IMG_1690.jpg

見にくいのですが内臓のグルグルも見えております。
IMG_1749.jpg

「作出者」であり友人であるIMAさんの系統を次世代に繋げる事に喜びを感じます。

我が家での管理では独立水槽で同腹個体で固めて育成をしておりますが、変個体だからと言っても特別扱いナシでブチ込んでます。

他のノーマル個体にもメチャ個性が有りホント面白いです。

改良品種系の小型プレコの面白さは無限大ですよ。
プロフィール

katsu

Author:katsu
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

引っ越しました。
↓  ↓  ↓
creative aquariumsの裏側

知らざあ
言って聞かせや
しょう

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ