順調に目的を達成してますが・・・

メガクロスのオスはお任せでも子育て出来るヨイ男です。
IMG_2090.jpg

しかし、引っ越し前の振り分けで、狭い場所での慣れない多頭飼育の中での産卵にて、オスが、かなりナーバスになっていたので、孵化直前での取り出しを実行致しました。
IMG_2159_20170225163300452.jpg

お相手はCF1-2A(黒ちゃん)
IMG_2103.jpg

多血統が混じっているので、雑種の面白さが際立っており、育成を楽しませてもらっております。

そんな中、先日に恐ろしい出来事が・・・。

出勤前に、飼育部屋の隣の家から煙が出ていると連絡が有り、大急ぎで駆けつけたら、既に消化活動の為立ち入り禁止。

モクモクと煙が出ており、飼育部屋が煙に巻かれてました・・・。
IMG_2191.jpg

懸命の消火活動にも関わらず、あっと言う間に炎が見え始めて、愕然としました。

幸いな事に住人の方は、既に避難されており、無事でしたが・・・

電気も止まり、救出も出来ず、鎮火を見守る事しか出来なく、胃がキリキリ痛みました。

鎮火後、中に入りましたが、電気が止まるまで換気扇と暖房が稼働しており、かなりの煙が入っておりましたが、稚魚の数匹落ちで何とかおさまってくれました。

隣人には申し訳ないですが、私を含めて、常に危機管理とその高い意識を持たなきゃ、大変な事になると身に染みましたネ。

火災原因は、電気ストーブからドアへの引火です。

火の用心!!!

貰い事故も有るのよ・・・

メガクロス×CF第二エース(黒い方)

我が家で産まれるキンペコ稚魚の中では、最も模様が多彩な系統になります。

ネガティブ、インペ寄り、極太バンド、ダップル、66系、真っ黒まで様々な表現が出ております。
IMG_7456.jpg

IMG_7459.jpg

先日孵化(親任せだと歩留まり悪しなので回収)
IMG_6166.jpg

両親は「ノーマル」なのに、表現が多彩な理由は、血統であり、組み合わせの相性も有るのではないのかと考えております。

メガクロスの両親が究極にエグイですし、CFのヨイ意味で煮詰まった血統のポテンシャルも、多彩な表現が現れる一つの要因なのかも知れません。

と言うか結果見れば、そのまんまですネ。

そして、毎度考えてしまうのが、組み合わせの「マンネリ化」です。

世に流通している血統って意外と少ないんですよね。

元を辿れば、よく理解できます。

そのような状況下で、更にドイツの血が入ると表現の金時飴化なんて事も有ります。

我が家のドイツL236の血が入ったハーフを見たらマジカ・・・と。
IMG_1647_2016111504024014e.jpg

今後、「脱マンネリ化」と「脱金時飴化」を図るならば、やはり確かな国産血統のミックスであって、Wild原種純血への回帰ではないのかと考えております。

既に実行しており、乗り越えなければならない壁も沢山ありますが、面白い事も沢山あるので夢見させてもらってますし、何よりも存分に楽しんでおります。

ブリードキンペコの世界は物凄いスピードで前に進んでおります。

個体を選べる事、繁殖メソッドのある程度の確立、グッズの開発と、恵まれた環境なので、オリジナルの表現を突き詰めてゆくには最高の時代では無いですかね??

面白くなってきたな~~

ネガティヴの出現

メガクロスとCF第2エース系の仔ですが面白いのがチョロチョロと出ております。

異系統同士の組み合わせでどんなの出るか楽しみにしてましたが、両血統の表現がよく出ています。

言われてみれば、あ~そうね~程度ですが・・・。

この系統はメガクロス系スーパーインペの血が入っております。なのでやはりスーパインペ寄りの表現もいます。
S__5079057.jpg

そんな中、少数ですがネガティヴと思われる個体も出現しております。この真ん中のネガティブと思われる白い個体は第2エース独特の特徴が良く出ています。特徴が分る方が見れば分ると思います。
S__5521420.jpg

この結果を見ると、やはり優良血統のポテンシャルは確かな事が証明されました。

ポイントはネガティヴ同士からじゃ無くても、その血統の確かな実績が有れば必ず出るという事ですね。

この「CA-2」は雌雄共に何のヒネリも無い普通のキンペコです。

何度もクドイですが近道はCF血統です。

当然オマケ血統ダンプティ血統など実績のある血統はネガティブへの近道となります。

少なくとも第一系統(第1エース、第二2エース)や今後注目されると思われる第2系統の仔達は全個体ネガティブの因子を持っています。勿論ブリーダー様の個体もです。

信者=信じる者→→私は血統を信じてます!!

信者で何が悪いんですかっ(笑)

但し、特徴を見て分るとおり体型や表現も遺伝するならば、脱金時飴化を図る為に血統をミックスする事も大事な事だと強く感じております。

来年あたりから、どんどん面白い個体が出たというニュースが出てきそうですね~
プロフィール

katsu

Author:katsu

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ