o1line(俺の一匹×CFスーパーホワイト)ネガティブ

他人に厳しく自分に甘ぁ~いご都合主義による「メガクラウンゼブラ」や、幅広い「リアル」という曖昧過ぎる表記には本気で呆れてます・・・

と言う事で「ネガティブ」のおさらいを。

o1line(俺の一匹×CFスーパーホワイト)の動画


稚魚時代のo1line(俺の一匹×CFスーパーホワイト5~6cm)完璧なネガティブ。
IMG_3265_20180115064706140.jpg

o1line(俺の一匹×CFスーパーホワイト)と呼んでいるネガティブ(白黒反転個体)の表現での考察になります。

ネガティブ(白黒反転個体)とは何ぞやと言うと、言葉の通り「黒い部分と白い部分が反転している個体」となります。

判りやすく画像加工で。

画像加工前と画像加工後(手前Junブリノーマル・奥o1lineネガティブ)
IMG_9045.jpg
IMG_9054.jpg

白い部分が勝っている個体群とネガテイブ(白黒反転)の違いは分かりやすいです。

「ネガテイブ(白黒反転)」は特殊個体にあたり、当然の事ですが特殊個体同士では仔が採りにくい、数が残らないのは当たり前ですよ。

しかし残った個体はエグイ個体が多いです(プッ)

特徴は7センチを超える頃から「ドット」が出てくる個体が多く、更に成長すると「ゴマ塩の様なドット」が現れます。

4~5センチを超えたら、ネガティブ個体は他の個体とは明らかに違う体表の変化が現れあっ!という間に反転してゆくので非常に分かりやすくて面白いです。

ところで・・・・

血統の表現は決して裏切りません。

o1(俺の一匹×CFスーパーホワイト)純血のネガティブ
IMG_1893.jpg

o1(俺の一匹×CFスーパーホワイト)純血、今のところノーマル表現
IMG_4978.jpg

o1(俺の一匹×CFスーパーホワイト)純血、今のところノーマル表現
IMG_4979.jpg

因みにo1lineを使ったハーフでも面白い表現が出ております。
IMG_5028.jpg
IMG_5034.jpg

完全成熟した大型の個体しか使わないので常時40匹前後の稚魚が産まれております。

ハーフで量産は可能だと思われますし、面白い!!

系統のポテンシャルは稚魚の「表現の実績」が全てだと思いますよ。

「ダサイ取り巻き」も「臭い金魚の糞」も用は無いので、何を言われてもブレずに「証拠付きの本当の事」を発信してゆきます。

血統を謳っといて価格に見合わない表現の個体の販売を含めた、「リアル」「メガクラウンゼブラ」「血統のゴリ押し」はキツイな~

本当は面倒な事だし言いたかないけど。

ハメようとして、つまんない事なんか言わなきゃいいのに・・・

言われたら困る事が沢山あるでしょうに。

カネカネカネカネ、カネペコ~も良いけど健全にいきましょうよ。

私はイベントで少し出すぐらいで大規模な販売は致しませんが、近いうちに南の島の大魔王からトンデモない数の極上の白いのが、ピュピュっと飛んで来るのではないでしょうかね~

あと、ブリードキンペコの魅力は白の面積だけでは有りません。

多様な個体別の模様も楽しめますし、真っ黒な両親から真っ白な稚魚が出てくる事も多々あります。

系統のミックスも面白く、まだまだ未開な所が最高に面白いのです。

シングー以外のワイルド小型プレコも!!!

あと・・・・

何度も申し上げますが「情報統制」ではありません、ありのままの事実でございます。

あ~抑えたな~~~エビフリャ~
プロフィール

katsu

Author:katsu
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

引っ越しました。
↓  ↓  ↓
creative aquariumsの裏側

知らざあ
言って聞かせや
しょう

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ