スーパーインペリアルゼブラ(L046×L174)

有名ブリーダーIMA氏作の面白い個体群です。

4個体飼育してますが、実に様々な表現をしております。本日はその内の2個体の画像を。(他は実は筒から出てこないだけですが・・・)

imaDSC01549.jpg

imaDSC01560.jpg

imaDSC01554.jpg

imaDSC01564.jpg

様々な系統のスーパーインペリアルゼブラが流通してますが、この個体群には目と体型に特徴が有ります。

体型、目がダップルド寄りですね。成長スピードも早く成熟まであと半年ぐらいですかね。

一枚目の画像の個体が、ほぼ左右対称の模様をしているのでお気に入りの一匹となっています。F2採りを目指し飼育中です。

リアル・メガクラウンの定義について

以前のブログでも度々取り上げ、内容も重複し諄いようですが再び考察を。

リアル・メガクラウンゼブラとは白黒反転キンペコと考えてもヨイと。(あくまでも個人的な見解)

「白黒逆転」とは別モノだと考えております。日本語って難しいですね・・・。

「白黒逆転」個体は文字どおり体表の模様が、通常の黒メインとは逆に白メインになる事ですが、「白黒反転」個体とはどんな表現かと言うと、以下の画像を含めた解説になります。

画像①のA.・Bはノーマル個体の同じ画像です。赤い丸の中の体表に有るドットに注目してください。

画像①-A(画像加工無し)赤丸内白のドット。
2014-09-17-01-08-30_deco_20140917015613a98.jpg

画像①-B(ネガティブ加工)赤丸内黒いドット。
2014-09-17-01-03-55_deco_20140917015614c20.jpg


「白黒反転」個体の判断ポイントは、白い部分の面積の多さだと言う事と、もう一つのポイントが黒い斑点(黒いドット)の出現だと考えられます。

もちろん、すべてとは言い切れませんが、キンペコの黒の面積が多い個体は白の斑点(白いドット)が見られます。「白黒反転」だと言う事は、そこ(黒いドット)もポイントかと・・・。

画像②は参考にまで、「白黒反転」個体の場合の画像加工された際の表現。

画像②-A(画像加工無し)
2014-09-17-01-06-56_deco.jpg

画像②-B(ネガティブ加工)
2014-09-17-01-06-03_deco.jpg

画像②ーBみたいな個体もたまに見かけますね。

冒頭にも述べている通り、個人的見解と言う事と、全ての個体に当てはまるかと言うと、必ずしもそうでは有りません。

よって、一つの「リアル」のパターンと考えた方がヨイかもしれません。

今までに見た中では(他のキーパー個体含め)、ドットの出現してくるサイズですが、様々なタイミングになってます。小さい頃に出ている個体もいれば、ある程度大きくなってから現れる個体もいて、深く考えざる得ないですね・・・。

因みに、ドイツでは白黒反転個体の事を「negative」と呼ばれている模様。フォトショップの機能と同じですね。

日本画像加工プレコ販売業者も、さすがにココまでは加工出来無いでしょうね・・・。

実行出来たら、アルビノ一匹差し上げますヨ。(ウソだけど・・・)

その後の俺の一匹系統個体群

最初に3個体を導入してましたが、追加の第4個体として♂を導入しました。

DSC01253.jpg

既に各個体が成熟に達しているかと思われます。

A個体
DSC01301.jpg

B個体
DSC01238.jpg

C個体
DSC01317.jpg

D個体
DSC01320.jpg

この個体群は、どの個体もそれぞれに強烈な個性が有り、他の系統のリアルと比べると体表の白の色が異質です。模様の出方も面白いカモ。

現在この系統のみで、ブリーディングSETを開始してますが、筒の大きさや質など様子見をしながらといった所です。場合によっては、現在別系統の成熟したメスが数匹居ますので、A個体のオスにあててもイイかなと考えている次第です。
プロフィール

katsu

Author:katsu

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ