稚魚育成メソッド②

前回と内容が重複しますが、ご要望がございましたので更に詳しく記事を書きます。

稚魚育成において何が一番大変かと言うと給餌です。

少しでも怠ると散々な目に遭うのは皆さん良くご存知だと思います。一回目に書いたとおり、稚魚の空腹期間をいかに克服するかを意識した育成方法が以下の説明になります。

モニター稚魚たちは、10月生まれのダークエビルです。

そして今回は新しい試みで「脱サテライト」を意識した育成方法を実行しています。



fsupaDSC02120.jpg


fsupaDSC02124.jpg


fsupaDSC02128.jpg


fsupaDSC02132.jpg


fsupaDSC02127.jpg


①マジックリーフはかなりの量に切り替えました。

②画像で見て分かるように葉脈が出て、マジックリーフを「確実」に食べています。

③マジックリーフの下には様々な微生物が発生してます。この微生物達は各実に餌となっているでしょう。

④・⑤少し分かり辛いかも知れませんが稚魚で痩せ細っている個体は皆無で、全個体プリプリです。

よく、河川を覗くと、多くの稚魚たちが落ち葉・木片・泥が溜まっている水の流れが「緩やか」な場所に見られますが、プレコも例外ではないと思ってます。

と言うことはそのような環境を再現したらイイカモと思い実行してみました。因みに画像の左側のエリアは親魚や成長した幼魚を飼育しているエリアになります。水流は左から右へと流れてるので糞や食い残しも流れてきます。

この糞や食い残しも稚魚育成に欠かせないエッセンスとなります。(この件はまた後日にでも)

さて、なぜ「脱サテライト」なのかと言うと、以前より、「水流」と「収容個体数」に限界があると感じておりました。

サテライト内はエアレーションなど循環させても水が確実に痛みます。

その上、収容個体数が多くなると、どうしても落ちる個体も居ましたが、今回は過去最高の歩留まりとなってます。

やはり、稚魚も親魚や幼魚と同じく、大きく水の流れの有る環境がベストではないのかと思いました。

その流れの中でマジックリーフや流木などの障害物が有る事により、稚魚の隠れ家兼餌場を作っても、水が常に循環されている事もポイントだと思いました。

勿論、空腹期間も克服しています。

次回は現在水槽内に添加しているものをご紹介いたします。
プロフィール

katsu

Author:katsu

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ