O-1Line♂×JUN Line♀(ハッピーイエロー) 産卵記録

超腹パン状態が続き、心配では有りましたが、本日ようやく産卵。

二年以上産んでいなかったので、卵の状態が気になる所であります。

自分は経験が無いのですが、抱卵状態が長期間続くと、メスの突然死が起こる場合が有るそうです。原因は卵詰まりだと言われておりますが、感染症じゃないかと思われる落ち方をした個体も居るそうです。

かなりデップリと・・・
IMG_9694.jpg

筒になかなか入れてもらえない攻防戦。


やっとこさの、ブルンブルン“ハッピータイム”。


半日で無事産卵。


予想通り、食卵が起こってます。

運動性エロモナスにより、この組み合わせの稚魚を、放出個体以外、全て落としてしまった悲しい思い出を引きずっているので、再び夢見たいです~~

ベロネソックス(Belonesox belizanus)成長記録

2腹目が、約70匹程産まれておりましたが・・・
IMG_9964.jpg

水槽の容積より、面積が重要だと1腹目で学び、お初のプラ船を導入致しました。
IMG_9974.jpg

しかし・・・

1週間チョイの留守で半数以下に・・・(泣)

上から見れば、やっぱりメダカであります。
IMG_0706.jpg

さすがにメダカだけあって、常に水面を意識した行動をしております。

当然ですが、餌を意識しているのも水面近くなので、常に団子状に固まっているイトメを解してから、浮いてる水草に少しづつ引っ掛けるのが、ポイントとなります。

強い個体が、常にイトメが入っているシャーレの前に居るので、他の個体がイトメを獲るチャンス無く、餓死します。また、「圧倒的なサイズ差」も出てくるので、多少の手間は掛かりますが、なるべく散らした方がヨイです。

産まれて間もない個体達には、入手しやすい生餌の中では、イトメがベストだと思いました。

水面に浮かべた、Sサイズのコオロギも良く食べます。

底には、我が家で増えた、お掃除部隊のファンシースポット&ダークエビルを入れております。大活躍です~
IMG_0716.jpg

1腹目に産まれた稚魚達は、幼魚斑である横一直線のラインも消え、ベロネソックスらしい個体に成長いたしました。
IMG_0694.jpg

「圧倒的なサイズ差」という壁により、アカヒレより先に、小さい個体順に喰われてしまい、まさかの一桁台となりました(恥)

次の3腹目に向けて、経験値を上げて「月下美人」さんに褒めて頂くように、頑張りたいと思います。

プレコ以外の熱帯魚の繁殖も面白いですよっ。

ニジイロブラック

ブラックニジイロのペアリングが始まりました。
IMG_0556.jpg
絶倫!!!

そう言えば、いつも嘘つく方はエグイな~

Blogの書き換えから、時系列弄りまでと、形振り構わぬ行動には正直呆れますね。

本当に出鱈目です。

c0057810_23594523.jpg

黙っといてあげようかと思いましたが・・・

もう無理です。

反転個体でない個体を反転だと言い切って販売したり、もう言ったもん勝ち状態であります。

個体表現の追求は素晴らしいとは思いますが、販売有りきに傾倒して、残念な道を進んでおられますね。大金を支払ったのにも関わらず、真実を知り、やめた方も居ます。

私も随分と購入しましたが、全て手放しました。

直接お伺いしても、ご都合主義の、コロコロ変わるルーツとか無いですわ。

四回聞いて全て違うと言う事は、そういう事です。

一人で悶々としているのも嫌なので、多くの方の前でもお伺いしましたが、期待通りのお答えにて、確り言質が取れた次第です。

実にお見事でした。

物凄いコンセプトを謳っといてからの、実はね~とか・・・

ナイナイナイナイナイ・・・・

現在でも、散々出鱈目な事をしといて、尤もらしい事を言い、どの口がそんな事を言うのだろうかと・・・・

証拠はスクリーンショット他を取ってるっチューの!

組み合わせを楽しむ者の夢を奪わないで下さい。

自分は、アホらしくなり、系統全てを手放したのです。

こんなんだったら、最初からカッコつけずに、正直にリリースをすればヨイだけなのです。

因みに、全てに証拠が有り、裏付けの有る事実しか言いませんので悪しからず。

ここまで、言わなきゃならんのが、寂しい話ですがね。

様々なシーンで、自分の事しか考えない行動や言動にも、呆れます。

こんなん許していたら絶対に盛り下がりますって!

コレから先、小手先の小細工を始めた瞬間より、証拠の揃った具体的な内容をブチまけます。

Hypancistrus sp. (L399/400)2015の稚魚成長記録

現時点での限界である、同ロットの拘りです。
IMG_9814.jpg

ルーツの明確な個体群から、纏まった数の稚魚が採れました。
IMG_0517_201709142355363f3.jpg
IMG_0512.jpg

予想通りの結果ですが、表現は多彩です。


生息エリアのキンペコの多様性により、混乱する事も多々有りますが、変な知ったかぶりはぜずに、アマチュアレベルで色々と妄想を膨らませる事が、最も楽しい所なのではないのかと思います。

Wildも熱いですよ~!!

プラチナ・イエロー・コギャルテトラの成長記録

一週間以上、横浜を離れておりましたが・・・・

ンがぁ~~~と言う事や、ウヒッと言う事までイロイロと。

確実に成長しておりますが、成長段階なので言い切れませんが、プラチナ部分の遺伝はほぼ無いと思われます。

チョイ前に産まれた稚魚達

ワラ~っと居た稚魚ですが、20~30の間ぐらいしか残りませんでした。ブラインを食べる前の段階がキモです。同じ腹で産まれても、物凄いサイズ差が出て、喰われるか突き殺されてますね・・・稚魚の歩留まりの悪さに頭を抱えてしまいました。

最初に産まれた「回収」した稚魚達

発色は光の加減では、キラッと光りますがプラチナの輝きは今の所ゼロになります。

成魚も、だいぶ退色してきているので、現地環境の影響(微生物系?)による発色なんですかね??

あ、もう一つのブログで詳しくタンクデータなどを記録しております。

画質も良いので、オール引っ越しを検討中です。
プロフィール

katsu

Author:katsu

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ