俺の~系統B個体は♂確定

本日強制確認。

思い込みで全くノーチェックでしたが、見ているようで見てない自分が情けなくなります。

トゲトゲの髭モッサーでゴリゴリのイケメンプリンスです。

この個体がオスとなるとブリードの幅が一気に広がります。

IMG_0517.jpg

IMG_0514.jpg

IMG_0513.jpg

IMG_0511.jpg

IMG_0521.jpg

即、「WillLine♀」とセットを実行しました。

生体の整理を実行し管理が楽になりましたネ・・・。

落ち着いてブリードが出来るようになりましたし、改めて気がつく事や、アイディアが浮かんできます。

過去の苦い経験から、希少なワイルド種の入荷が有ったら購入の際、事故死や病死のリスクを考え数ペアは取れるように、ある程度の数を纏まって入手するようにしております。

飼育種が増えていると個体数も膨れ上がり設備を占領していたので、各種1ペアないし2ペアまでキープして残りは放出いたしました。

ベストな状態でキープしていたのでGetされる方はメチャラッキーだとお思います。値段もそうですが筒さえ有れば「繁殖」は間違いないでしょう。ワイルド種をここまで持ってくる事が結構大変なんです・・・。

改めて思う事は、ある程度のキャパを守る事も飼育の重要なポイントだと感じております。

特に過密飼育となると、魚自体のストレスやイロイロな見落としなどが現れますし、繁殖への影響も有るでしょうね。

毎日、試行錯誤しております。

コメントの投稿

非公開コメント

すごい

すごい模様ですね。
こんな表現の子がたくさん生まれるかと思うと。
見てみたいですね。
(^-^)

こんばんは

この♂とWillLineの♀...
このペアも期待大ですね♪

過密飼育の問題は現在私がブチ当たっています(ーー;)

やっぱプレコたちにはストレスですよね~

今後、増設予定とはいえ繁殖のことを考えると、お迎えする個体は血統重視で考えていかないといけませんね(;^_^A

こんばんは

craftさん

そうなんです、この系統の血をどう残してゆくのか、また、表現を反映させる為の組み合わせに迷いが出ておりますが、そこら辺はブレずにドンドンチャレンジしてゆきたいと考えております。

環境も、まだまだ研究しなければならないので、忙しくなりそうです。

こんばんは

Ryuさん

WillLineの血がどのように反映されるか楽しみです。特にメスのWillLineは「ネガティブ」の要素がしっかり出ているので、面白いかもしれません。

私の考えでは、多段オーバーフローでの過密飼育が一番厄介なのではと考えております。

同じ水系での収容個体数の限界値というものが有るんじゃないのかと考えております。

セパレートされてたり、段違いにいる多くの個体の気配を感じたりしていて、ストレスになっているんじゃないかと密かに考えてました。

なので、現在は稚魚管理用、繁殖用と分けて飼育しております。

単独の独立した水槽は、調子良かった記憶があります。
プロフィール

katsu

Author:katsu

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ