L066

昨年9月位に国産ブリードのL066を購入しておりました。

パッと見ると多くの66の中でも変わった模様で気になってしまい、サイズも小さかったのですが思わず買ってしまいました。

¥2980は安い!!(カモ)

10686872_1641400636119959_7847359190166394917_n.jpg

11150576_1641400682786621_887578556581493955_n.jpg


66の模様の1つのバリエーションとして楽しみが増えております。

IMG_1471.jpg

IMG_1465.jpg

更に成長して黒さが大幅に増すでしょうが、表現が面白いので楽しめますね。

ここ最近、自分自身が白系にはゲップが出てきている所なんで、今後は表現も楽しんでゆきたい所です。

成魚のグリグリの模様を見たらドキドキします。

あと、シングー系キンペコ全般に言える事ですが余程の特殊な個体以外は必ず黒い面積が増えてきます。

しかし、幼魚のうちに白の面積が多い個体は、黒くなっても減少した白ラインで表現を楽しむという奥深い楽しみも出来ますし、次世代への期待を込めて長期間にわたり楽しいブリード生活を送る事ができます。

また、白黒の「質」も求められて来るところでしょうね。

向上すれば、メリハリ・色飛びの有無など拘りの系統作りにも夢が湧きます。

ワイルドもブリードも色んな意味での情報が短期間で更新されております。

いまだに10年位前の不確かな「噂話」程度の情報に囚われているトコロも有るので、少しずつでも紐解いていかなきゃね・・・。

追記

お二方とも「超ベテランマニア」様で結構イッテルマニア様達でございます。

皆さん其々ブログをリニューアルされたのを期にリンクさせて頂く事となりました。

面白いワイルドのキンペコが輸入され始めた黎明期から今日に至るまで、ずっと流れを見てきた方達なので思う事は沢山有る筈です。

昔のアレは良かったなんて話も聞けるかもしれません。

恐らく今年は色んな意味での節目となる年になるでしょう。

現行のブリード個体群がF2、またF3と産まれ始め面白い個体群が現れ始めております。

当然価格帯も落ち着くでしょうし、もっと面白い世界に広がる気がします。

これは、世界規模で同じ現象となっており、これからは沢山の見所が出てくるのではないのかと思っております。

今後どのような形になっていくのか、またどういった道を歩んでゆけばヨイのか、ベテランの方も交えて深く考える時を迎えたのではと思っております。

ペコ丸さんのブログ
PLECONIABLOG

インペマニアさんのブログ
インペマニアの気ままに何か語るBlog

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

DIALEKさん

失礼致しました。

多分モウ大丈夫だと思います。

はだしブリードですが、ヨイ感じになると思いますよ!!

我が家のクロの面積が多い個体も変化有りませんが、なかなか他の系統では見られない面白い模様となっております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは!!

DIALEKさん

機能を上手く使いこなせないので、ロック外しました・・・・。

見れると思います
プロフィール

katsu

Author:katsu

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ