L174稚魚の成長

ヤフオクでニューインペリアルダップルドの購入時に出品者様のご厚意で、サービスして頂いた稚魚12匹の成長記録です。

2017年2月19日( 飼育開始当時)
A個体群3匹(当時2.5cm弱)
IMG_1989_20170219002411a2c_20170606034845878.jpg
B個体群9匹(ヨークサック吸収チョイ前)
IMG_1981_2017021900241209e_2017060603484654b.jpg

2017年6月6日(現在)
A個体群
IMG_5700.jpg
B個体群
IMG_5699.jpg

約3ヵ月半の間に、A個体群がB個体群に身体のサイズを抜かれてしまいました。

フロート式の隔離ケースに入れている事、マジックリーフを入れている事は共通ですが、少し環境に違いが有ります。

A個体群⇒フローターに入れて「成魚と同じ水系の多段式オーバーフロー」、水流有り、マジックリーフ少量。

B個体群⇒フローターに入れて「単独水槽」、ほぼ止水、マジックリーフ沢山+導入初期から濃いブラックウォーター。

給餌回数と内容は同じです。

B個体群は、この状態で9匹入ってますが「奇形」は無しです。
IMG_5634.jpg

育成中のL66稚魚。
IMG_5703_201706052330028d4.jpg

餌もそんなに多くは与えずに育成しておりますが、順調に育っております。

シコタマ「ふやけた」マジックリーフを貪り喰ってますので、殆どの糞がマジックリーフっぽいですね。自然界では、こんな堆積物を食してるんでしょうかね・・・

他種になりますが、本水槽での成魚と同じ水槽内で一緒に飼育した場合、成魚と稚魚の「棲み分け」が上手く出来てないと、稚魚の成長は遅めでした。

我が家の単独水槽では、後食を始めてから水槽に放つよりも、隔離ケースで葉っぱまみれの方が成長が良かったです。あと、ブラックウォーターの方が、魚達の調子がヨイみたいですね。

意外にも水流無しでもイケル事にも驚きましたが、毎日フロートボックスの水は入れ替えておりました。直近で誕生している稚魚たちも同じ条件で育成しておりますので、経過が楽しみです。

既に3cmを余裕で越える個体も出てきたので、本日、フロートボックスから放ちました。

がぁ~~~~

現在、管理をしている多段オーバーフロー水槽を、上手くコントロール出来てないと思います。

本水槽で上手く育たないので、苦肉の策で回収して単独水槽に入れる作業は、ぶっちゃけ少々手間です。そんな時間も楽しいのには間違いないんですが、理想は本水槽で全てが上手くゆく事です。

と言う事で、飼育環境の見直しです。

我が家の水槽内のみの結果なので、この結果が全てではないですし、皆さんそれぞれの飼育環境も有るでしょうから、個々の工夫で思いっきり楽しみましょう!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

katsu

Author:katsu

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ