Hypancistrus sp.L475(2014)

L475のブリードした稚魚ですが、親の表現が反映されている事には間違いないでしょう。

イメージをもとに、この様な結果が見れると、辛抱強く待った甲斐が有ります。

親個体入荷当時
DSC02553_20170723043511938.jpg
DSC02550_20170723043511660.jpg
DSC02572_201707230435101f2.jpg

更に半年目ぐらい
DSC02839_20170723043508d2c.jpg
DSC02833_201707230435093f2.jpg

現在は、真っ黒け・・・・でも、それが調子のヨイ証しです。

このロットから産まれたF1達
IMG_8048.jpg

IMG_8050.jpg

IMG_8043.jpg

IMG_8051.jpg

白い部分の面積も、将来の表現に左右されるのでしょうが、模様の入り方がポイントでしょうね。

親に似てくる可能性が大だと思われます。

他のロットでブリードした、各L475及びL500では、産まれた稚魚の表現が、親に似てましたし、稚魚の表現の変化を見てきているので、今後の成長が楽しみになります。

この様な小さな楽しみこそが、最も面白い所なんですよね!

シングー水系以外でも面白いプレコが沢山居ますし、各プレコのブリードの準備にも力が入ります。

夢があるな~

お~っと、夢を壊さないでくれ~

嘘は吐くなよ~

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です
白いプレコも 良いですが

こちらも また違う魅力がありますね。
激シブですo(^o^)o

こんにちは!!

GSKさん

お疲れ様です。

ぱっと見は、地味に見え、同じように見えますが、実は表現にも個性が有り面白いですよ。

個体の調子がヨイと、真っ黒になりますが、そこがまた渋くてヨイです。

L475、ヤムンダ・ダークエビルも超お気に入りの個体群です(笑)

「画像ベース」では語れない、各ロットの差異の検証などオモロ~です。